歯周病の症状は軽症から重症まで症状が異なります

歯周病の症状は軽症から重症まで症状が異なります

歯周病,症状,軽症,重症歯周病には色々な症状が現れてきます。

 

 

軽症から重症まで現れてくる症状が異なりますので詳しく解説します。

 

 

歯周病,症状,軽症,重症軽症の歯肉炎に現れる症状とは?

 

 

歯肉炎は歯周病の中でも軽症に分類されます。症状としては歯茎の腫れ痛みなどを挙げることができます。

 

 

この時点で歯茎から頻繁に出血するようなことはありません。また歯茎の痛みもそれほど強いとは言えません。

 

 

歯周病,症状,軽症,重症歯周炎になるとこんな症状が出てくる!?

 

 

歯周炎は歯周病がある程度進行した状態です。ですから歯茎の腫れや痛みなどが少し強くなってきます。

 

 

それだけではなく炎症が歯茎だけではなくその他の歯周組織にまで広がっていくのです。そのため見た目ではわかりませんがレントゲン写真を取るとよく分かります。

 

 

歯が埋まっている歯槽骨は炎症反応により少しずつて溶けていきます

 

 

その結果歯周病を起こしている部分の歯がグラグラと揺れ始めることになります。そして最終的には土台となっている骨が歯を支え切れなくなって抜け落ちてしまうのです。

 

 

歯周病,症状,軽症,重症治療しないでいるとさらに炎症が広がる!?

 

 

たかが歯周病と甘く見て治療を怠るとその他の体の部位へと炎症が広がっていきます。

 

 

具体的には歯周病菌や炎症を誘発している物質が血液液に乗って全身へと移動していくのです。

 

 

このように歯周病というのは様々な症状を引き起こす厄介な病気なのです。

 

 

効率よく歯周病を予防する方法も書いているので良かったら参考にすると良いですよ。

 

⇒ 歯周病を効率よく予防する方法とは?

 

 

トップに戻る