歯周病って伝染るの?

歯周病って伝染るの?

歯周病,うつる歯周病は、歯の周り全般の病気です。それが悪化してしまうと歯を支えている歯槽骨という骨が溶けてしまう病気です。そこまで悪化した状態を歯槽膿漏と呼んでいます。

 

 

歯槽膿漏は感染症です。歯槽膿漏が伝染るのはあまり知られていませんが実は人から人へ感染してしまう感染病なのです。

 

 

歯槽膿漏の元となる歯周病菌はもともと生まれた時の口の中には存在しないのです。その歯周病菌がなぜ口の中にいるかというと人から伝染されているからなのです。

 

 

食べ物や飲み物の回しの飲み食べ、箸の使い回し、くしゃみなどで感染してしまいます。もちろんキスもそうです。歯槽膿漏の元となる歯周病菌は唾液から伝染することがあるからです。

 

 

きちんと歯ぐきの治療をしても家族の誰かやパートナーが歯周病菌を持っていたらまた歯槽膿漏が再発してしまう可能性があるのです。

 

 

こうして考えると歯槽膿漏はいとも簡単になってしまう病気かもしれません。歯槽膿漏は夫婦でなっていることも多くどちらかが治療してももう一人が治療をしていないとまた感染してしまいます。

 

 

治療をする場合は夫婦で一緒に治療しないといけません。親子関係でもそうです。小さな子供にご飯を与える母親の姿を思い浮かべて下さい。

 

 

食事が熱すぎないか少し自分で食べてみて残りを子供に与えたり自分が食べているものをとりわけ自分の箸で食べさせる母親をよくみかけると思います。これは母親が歯槽膿漏になっていたらもちろん子供にも伝染ってしまいます。

 

 

このように家族の誰かが歯槽膿漏だとみんなに移してしまう可能性があるのできちんと治療したい病気です。

 

 

効率よく歯周病を予防する方法も書いているので良かったら参考にすると良いですよ。

 

⇒ 歯周病を効率よく予防する方法とは?

 

 

トップに戻る