歯周病のことが1分でよくわかる現役衛生士が作ったサイト

歯周病はイソジンで歯磨きをすると良いって本当?

歯医者さんで「あなたは歯周病ですよ」と診断されると「毎日歯磨きしているのに…」と思う方も多いでしょう。

 

 

歯周病の最大の原因は歯垢(プラーク)の中の細菌です。ですから単に歯磨きをしていても歯周病は防げません。

 

 

歯垢(プラーク)をシッカリ取るように歯磨きしないと効果はないのです。では歯磨きをする時にイソジンで歯磨きをすれば歯周病に効果はあるのでしょうか?

 

 

イソジンってどんな薬?

 

イソジンは手・指・粘膜・皮膚の消毒に用いられる薬です。傷の部分で直接塗ったり薄めてうがい薬に用いたりします。有効成分は「ポビドンヨード」です。

 

この「ポビドンヨード」はヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。このため細菌やウイルスに対して殺菌や消毒の効果があります。

 

【用途】
医療現場では手術の際の傷口の消毒や医師の手洗い・分娩の時・救急隊の常備薬として使用されます。

 

家庭ではうがい薬・傷口の消毒・皮膚疾患の殺菌や消毒・手や指の消毒などに用いられます。

 

イソジンはうがい薬用や傷薬用や手指洗い用等いろいろな種類が市販されています。

 

 

イソジンで歯磨きして効果があるの?

 

 

歯周病は歯垢(プラーク)の中に存在している細菌が食べ物のカスや磨き残しの中に含まれる糖質と結びついて歯周病の原因を生み出します。

 

 

イソジンの中の有効成分の「ポビドンヨード」は細菌やウイルスに対して殺菌や消毒の効果があります。このため歯周病菌へも効果もゼロではないでしょう。

 

 

しかし今のところ特別に「イソジンが歯周病菌に効く」という効能を表記している文献はありませんし商品の発売元にも歯周病への効能は表記されていません。

 

 

イソジンをお口の中に用いる時はのどのうがい薬として用いられますので歯磨きに使うのは本来の使用方法ではありません。

 

 

またイソジンは独特の色(茶褐色)をしているため歯磨きとして用いれば歯に着色して黄ばんでくる恐れもあります。

 

 

どうしても使用したいのであれば歯磨きをした後にお口の中の殺菌・消毒のためのうがい薬として用いることをおすすめします。

 

 

効率よく歯周病を予防する方法も書いているので良かったら参考にすると良いですよ。

 

⇒ 歯周病を効率よく予防する方法とは?

 

 

トップに戻る