歯周病の改善には、どんな歯ブラシを選んだらいいの?

歯周病の改善にはどんな歯ブラシを選んだらいいの?

歯みがきをした後に歯茎が痛んだり出血したりする歯周病。

 

 

一生懸命磨いているのにかえってひどくなっている気がするなんてことありませんか。

 

 

それは歯みがきの仕方にも改善の余地があるかもしれませんがまず歯ブラシを選ぶところから変えてみる必要があります。

 

 

歯周病に適した歯ブラシとは?

 

 

歯周病は歯茎の炎症により引き起こされている病気です。そのために歯茎から血が出たり腫れてぶよぶよに柔らかくなってしまうのです。

 

 

そこで歯の汚れが取れそうだと思い硬い歯ブラシを使うとどうなるでしょうか?刺激が強すぎて歯茎を傷めつけてしまい逆効果です。

 

 

ですからおすすめは「やわらかめ」です。特にヘッドはコンパクトタイプの小さいものを選んでください。

 

 

小さい方が奥まで十分に届きますし歯並びに合わせて角度を変えやすく細やかに磨くことができます。

 

 

歯みがきで一番重点的に磨くところは?

 

 

歯の汚れが一番溜まるところは歯と歯茎の境目です。そこが磨けていないと歯の汚れ(歯垢)が溜まり歯石へと固まっていってしまうのです。

 

 

歯周病の原因を作り出してしまうことになります。ですから柔らかいコンパクトな歯ブラシを使ってこの部分を優しくブラッシングしていきましょう。

 

 

実際にわたしがやっている歯周病予防の方法についても書いているので「歯周病を予防した」「歯周病を治したい」と思っている人は参考にすると良いですよ。

 

⇒ 奥まで入り込んだ歯周病菌にも効果がある成分とは?

 

 

トップに戻る