歯周病に効果のある歯磨き粉ってどんな成分が効くの?

歯周病に効果のある歯磨き粉ってどんな成分が効くの?

非常に種類の多い歯磨き粉。

 

 

あなたはどんな基準で選ばれますか。

 

 

最近販売されている歯磨き粉のほとんどが虫歯予防になるフッ素が入っています。

 

 

では歯周病に効果のある歯磨き粉を選びたい時どんな成分が入っていると良いでしょうか。

 

 

細菌を殺す効果がある成分は?

 

 

歯周病は細菌の感染により炎症を起こす病気です。

 

 

ということは歯周病の方はその細菌を殺してくれる効果のある成分が入ったものを選ぶ必要があります。

 

 

それは「β−グリチルレチン酸」や「イソプロピルメチルフェノール」という成分です。

 

 

特にこの「イソプロピルメチルフェノール」という成分は細菌が住んでいる場所の奥深いところまで達して、効果を発揮してくれる優れものです。

 

 

歯茎の腫れを抑える成分は?

 

 

歯周病になると歯茎が腫れぶよぶよに柔らかくなってしまいます。これに対処するには抗炎症作用のある成分が必要です。

 

 

ε−アミノカプロン酸」や「サリチル酸メチル」などの成分はこれに当てはまります。

 

 

炎症の発生を根本から抑える働きをしますので歯茎の腫れも抑えられ付随して痛みも和らいでいくという効果があります。

 

 

歯周病を改善したい方はぜひこれらの成分が含まれている歯磨き粉を使って健康な歯茎を取り戻して下さいね。

 

 

実際にわたし自身も使っている歯周病に効果が高い薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯肉炎(歯周病)に本当に効く歯磨き粉はどれ?

 

 

トップに戻る