歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?

「歯周病」にかかっている日本人はどのぐらいいると思われますか?

 

 

国の調査によるとなんと8割以上という非常に多くの方が患っている病気なのです。

 

 

歯周病とは?

 

 

歯周病は実は感染症です。歯や歯茎の境目に付いた汚れ(歯垢)の中の細菌に感染することで発症するのです。

 

 

この細菌に感染するとまず歯茎が炎症します。これが歯肉炎と呼ばれるものです。

 

 

そして歯肉炎が悪化した状態が歯周炎と呼ばれています。歯周病というのは歯肉炎と歯周炎の総称です。

 

 

歯周病はどのように進行するの?

 

 

歯周病はまず歯茎が赤くなったり腫れたりする歯茎の炎症が初期段階です。この時痛みはほとんどの方がありません。

 

 

そして進行すると歯茎に覆われて見えない歯を支えている骨まで炎症します。

 

 

最終的には骨を溶かし歯がぐらぐらしついには抜けてしまう非常に恐ろしい病気なのです。

 

 

歯周病に年齢は関係ない!

 

 

お年寄りがかかる病気と思っておられる方も多いかもしれません。

 

 

しかし日本人の8割がかかっているというデータのとおり年齢に関係なく若い人でもかかる病気です。

 

 

歯周病には段階がありますから重症化しないうちに若い方もご年配の方も歯を大切に守っていきましょう。

 

 

実際にわたし自身も使っている歯周病に効果が高い薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯肉炎(歯周病)に本当に効く歯磨き粉はどれ?

 

 

トップに戻る