歯肉炎と歯周炎にはどんな違いがあるの?

歯肉炎と歯周炎にはどんな違いがあるの?

歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称です。

 

 

根本的な原因は同じで細菌により引き起こされる炎症です。

 

 

ではこの2つの名称に分けられているのはどんな違いがあるからでしょうか。

 

 

病気の進行具合の違い

 

 

歯肉炎と歯周炎の違いは炎症の進行具合です。

 

 

歯肉炎は初期段階で自分で気付けない場合があるほどの割と軽い炎症です。また軽い炎症のため歯ブラシで汚れを取るようにすれば特に治療を必要としないこともあります。

 

 

少し歯茎が赤く腫れていたり少し出血したりするかなという程度です。

 

 

それに対して歯周炎は歯肉炎から悪化した状態のことを言います。歯茎の腫れや痛みや出血だけではなく歯がぐらぐらしたり膿が出ることもあります。

 

 

こうなるとしっかりと治療する必要があります。

 

 

炎症している部分の違い

 

 

歯肉炎は歯茎の部分の炎症です。

 

 

歯周炎は歯茎からさらに奥に進み歯を支えている骨「歯槽骨」や歯と骨の間にある「歯根膜」という歯周組織の部分の炎症です。

 

 

歯周炎になると骨を溶かすので歯を支えられなくなり最後には抜けてしまいますから歯周炎はかなり重度だといえます。

 

 

このように歯肉炎と歯周炎にははっきりとした違いがあります。歯磨きの際は歯だけでなく歯茎の健康状態にも気を配って重症化しないように気を付けましょう。

 

 

実際にわたし自身も使っている歯周病に効果が高い薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯肉炎(歯周病)に本当に効く歯磨き粉はどれ?

 

 

トップに戻る