歯周病菌っていくつもあるの?

歯周病菌っていくつもあるの?

歯周病は細菌に感染する病気であることをお聞きになられたことがあるかもしれません。

 

 

その歯周病菌ですが実は1種類ではありません。

 

 

何種類ぐらいあると思われますか?

 

 

歯周病菌の数は今現在分かっているだけでもなんと10種類以上の歯周病菌があることが分かっています。

 

 

その中で特に歯周病の原因となっている菌は3種類あります。

 

 

P.g.菌・T.f.菌・Td.菌という細菌です。

 

 

歯周病で歯科にかかる方のほとんどがこの3つの菌に感染していると思われます。

 

 

他にもA.a.菌という細菌も歯周病菌の中で良く知られていますが日本人にはこのタイプの感染者は多くありません。

 

 

特に要注意なレッドコンプレックス

 

 

レッドコンプレックスとは先ほど取り上げた3種類の歯周病菌の専門的な呼び方です。

 

 

非常に強力そうな名前ですが名前の通りお口の中にある細菌の中でも特に歯周病を引き起こしやすくなおかつ重症化させる細菌たちなのです。

 

 

それでこの3つの細菌が増えないように注意を払えば歯周病対策ができるというわけです。

 

 

口内にはいくつもの歯周病菌がありそれぞれに特徴を持った動きをします。特に日本人のお口の敵レッドコンプレックスには気を付けましょう。

 

 

実際にわたし自身も使っている歯周病に効果が高い薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯肉炎(歯周病)に本当に効く歯磨き粉はどれ?

 

 

トップに戻る