歯周病はどうして痛みが出るの?

歯周病はどうして痛みが出るの?

歯周病は、お口の中に溜まった汚れの中に、細菌が住み着き、歯茎が炎症して、腫れます。

 

 

初期の段階では、痛みがなく、自覚症状はほとんどありません。

 

 

この歯周病菌は、常にお口の中にすべての人に存在しています。そして、歯周病にかからない人もいますから、強い細菌ではありません。

 

 

しかし、炎症が進むと、歯の周りの組織を破壊していきます。歯を支えている骨をも溶かしてしまうので、最終的に歯が自然に抜け落ちてしまう、非常に恐ろしい病気なのです。

 

 

痛みが生じるのはなぜ?

 

 

まず、歯茎が赤く腫れるのは、歯茎の周りに、歯周病菌が残っているためです。歯茎の表面は、細菌を追い出そうと免疫細胞が働くため、歯茎が赤く腫れてきます。

 

 

そして、歯茎が腫れると、痛みが生じてきて、出血もします。歯茎が弱っている状態ですから、少しの刺激が与えられるだけで、血が出て、傷ついた状態になり、痛みを感じます。

 

 

さらに歯周ポケットに汚れが溜まり続けると、歯茎の中に膿がたまり痛みます。もっと進行すると、歯を支える骨が溶けだし、痩せて、歯を支え切れなくなり、ぐらぐらし、噛んだ時に痛むようになります。

 

 

痛みだけでなく、歯周病の進行により、歯茎が下がり、歯の象牙質の部分が露出するため、知覚過敏、冷たいものや温かいものがしみるという症状も出ます。

 

 

歯周病の痛みは、このように進行具合により、痛みの場所、程度などが異なってきます。

 

 

痛みを感じている時点で歯医者に行って欲しいのですが忙しくてなかなか歯医者に行く時間が無いという方も多いと思います。

 

 

そんな時は一時的に痛みを緩和する方法として歯周病菌の殺菌力に優れている歯周病専用薬用歯磨き粉などを使って歯周病菌を殺菌することで痛みを和らげることができます。

 

⇒ 歯周病菌の殺菌力に優れている成分が入っている歯磨き粉ってどんなの?

 

 

トップに戻る