歯周病が体に及ぼす影響って何?

歯周病が体に及ぼす影響って何?

歯周病と聞くとお口の中の病気というイメージをお持ちかもしれません。

 

 

しかしお口の中だけで留まらず体にも影響する実は恐ろしい病気なのです。

 

 

お口の中に及ぼす影響とは?

 

 

歯周病になるとまず歯茎が赤く腫れ出血し痛みが出てきます。そのまま進行していくとどうなるでしょうか。

 

 

歯と歯茎の境目にある歯周ポケットが深くなっていき、汚れがさらに入り込み溜まってしまい、歯周病を悪化させていきます。

 

 

こうなると、歯茎の腫れ、痛みは強くなり、膿が出て、口臭がするようになります。そして、歯を支える骨をも溶かしていくので、歯の骨を覆っている歯茎が下がり、歯がしみてきます。

 

 

骨が溶けると、歯を支えられなくなり、歯がぐらぐらしだし、噛めなくなったり、噛んでも痛みが生じます。最後には、歯は抜け落ちてしまいます。

 

 

体に及ぼす影響とは?

 

 

歯周病はお口の中だけでなく、以下のような病気を引き起こす恐れがあります。

 

糖尿病
歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われるほど、糖尿病患者さんは歯周病にかかっています。歯周病の悪化により、糖尿病を発病したという事例もあります。

 

心疾患
生活習慣病の1つですが、歯周病にかかっている人は心疾患になりやすいとみられています。

 

低体重早産
妊娠中は、歯肉炎になりやすいですが、その歯周病菌が血液から胎児に感染する可能性があります。

 

メタボリックシンドローム
歯周病により、血糖値が上昇するとされています。

 

 

歯周病はあなたが思っている以上に怖い病気です。だからこそ歯周病になる前に予防することが大切でそのためには毎日の歯磨きが一番大切です。

 

 

でもきっと毎日歯磨きはしていますよね?。

 

 

あなたがやっている歯磨きの仕方は間違っているのです。正しい歯磨きの方法についても書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ どんな風に歯磨きをするのが大切なのか?

 

 

トップに戻る