歯周病はどのような症状が出るの?

歯周病はどのような症状が出るの?

歯周病と一言で言っても、初期段階の軽い症状から、かなり進行した重度の症状まで、お口の中の状態は大きく違ってきます。

 

 

では、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

軽い症状である歯肉炎の場合は?

 

歯周病の中でも、歯肉炎は、初期段階で症状は軽い方です。具体的には、歯茎の腫れ、赤み、軽い痛みといった症状が現れます。

 

出血に関して言えば、この段階では、それほど頻繁に出血することはないでしょう。

 

 

さらに進行した重度の歯周炎の場合は?

 

歯周病の中で、歯周炎と呼ばれる時には、歯肉炎よりも症状が進行しています。歯茎の腫れや痛みは強くなり、出血も多く見られます。

 

そして、歯茎にとどまらず、歯茎に隠れている部分、歯を支えている骨、歯槽骨と呼ばれる部分まで炎症が広がっていきます。

 

レントゲン写真でないと、それを確認することはできませんが、そこまで、歯周病菌が広がると、骨は溶け、歯を支えられなくなるので、歯がぐらぐらします。

 

最後には、歯は抜け落ちてしまします。

 

 

身体にも影響する歯周病

 

 

歯周病は、お口の中の問題だけではありません。

 

 

治療せずにいると、歯周病菌や炎症を引き起こしている物質が血液中に流れ込み、全身に回っていき、身体の他の部分の病気を引き起こすことがあります。

 

 

ですから、非常に恐ろしい病気なので、軽い症状のうちに適切な対処をするようおすすめしますが、忙しくて歯医者に行く時間が取れないなんて方も多いと思います。

 

 

その場合自分で歯周病菌を殺菌して症状を和らげることも可能です。その方法についても書いているのでそちらの記事を参考にしてみて下さいね。
⇒ 自分でできる歯周病の改善方法とは?

 

 

トップに戻る