そもそも歯周病とは何か?どういう風に歯周病になるのか?

そもそも歯周病とは何か?どういう風に歯周病になるのか?

歯周病とは日本人には歯周病にかかっている人がとても多いです。

 

 

国の調べによると日本人の8割以上が歯周病にかかっています。

 

 

歯周病とは歯周病は細菌感染症!?

 

 

この歯周病という病気は細菌に感染することで発症します。

 

 

意外に思われるかもしれませんが歯周病は感染症なのです。

 

 

お口の中に歯周病菌が感染することで歯茎に炎症が起こります。これが歯肉炎です。この歯肉炎がさらに進行していくと歯周炎という病態へと移行するのです。

 

 

ちなみに歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病と呼んでいます。

 

 

歯周病とは歯周病はひどくなると骨まで溶かす!?

 

 

では歯周病が進行していくと私たちのお口の中では、一体何が起こるのでしょうか。

 

 

先ほど述べたように歯周病はまず歯茎に炎症が生じます。歯周病が進むと歯茎だけではなく歯が埋まっている骨にまで炎症が広がります。

 

 

そしてそのまま放置すると骨が溶け歯が抜け落ちてしまうのです。

 

 

このようにたかが歯周病とは考えずきちんと治療を行っていくことが大切なのです。

 

 

歯周病とは歯周病は高齢者だけの病気ではない!

 

 

歯周病はおじいちゃんやおばあちゃんの病気というイメージが強いかと思います。けれども最近では若年性の歯周病も広がってきています

 

 

冒頭でも述べたように日本人の約8割が歯周病を発症しているのですから当然と言えば当然ですね。ただ一言で歯周病と言っても軽症から重症まで様々であるのも事実なのです。

 

 

効率よく歯周病を予防する方法も書いているので良かったら参考にすると良いですよ。

 

⇒ 歯周病を効率よく予防する方法とは?

 

 

トップに戻る