歯周病と歯肉炎の違いについて知れば歯周病は怖くない!

歯周病と歯肉炎の違いについて知れば歯周病は怖くない!

歯周病,歯肉炎,違い歯周病は大きく2つに分けることができます。

 

 

それは歯周炎歯肉炎です。

 

 

どちらも炎症という症状が生じる点では共通しています。

 

 

ではこの2つの違いというのは一体どういったものなのでしょうか。

 

 

歯周病,歯肉炎,違い重症度が違う!

 

 

まず第一に歯周炎と歯肉炎では病気の重症度が異なります。歯肉炎というのは比較的軽症な歯周病とお考えください。

 

 

炎症もそれほどひどく現れてこないため発症していることに気付かない人もいらっしゃいます。

 

 

また軽症であることから積極的に治療を行わないこともあります。

 

 

一方歯周炎は比較的重症の歯周病と言えます。歯周炎を発症しているのであれば必ず治療が必要になってきます。

 

 

歯周病,歯肉炎,違い炎症が起こっている場所が違う!

 

 

次に歯周炎と歯肉炎の根本的な違いについてです。この2つには炎症が起こっている場所の違いというものがあります。

 

 

歯肉炎は文字通り歯茎に炎症が起こる病気です。一方歯周炎は歯茎だけではなく歯周組織にまで炎症が広がっている状態を指すのです。

 

 

具体的には歯が埋まっている「歯槽骨」と呼ばれる骨や歯と骨の間に存在している「歯根膜」という組織にまで炎症が広がっています。

 

 

そう聞くと歯肉炎よりも歯周炎の方がかなり重症であることがわかりますね。歯周炎と歯肉炎にはこういった明確な違いが存在するのです。

 

 

効率よく歯周病を予防する方法も書いているので良かったら参考にすると良いですよ。

 

⇒ 歯周病を効率よく予防する方法とは?

 

 

トップに戻る